軽いうちに病院へ|天神皮ふ科で美肌に生まれ変れる|悩みからの解放
女性

天神皮ふ科で美肌に生まれ変れる|悩みからの解放

軽いうちに病院へ

女の人

巻き爪とは、足の爪の端が内側に向かって巻いてしまう状態をいいます。放っておいて症状が進むと、激しい痛みで歩けなくなったり、靴が履けなくなったり、炎症を起こしてしまうこともあります。また、痛みをかばって歩くようになるため体のバランスが崩れ、腰痛や肩こりなどの原因になることもあり、全身に影響を及ぼすこともあります。巻き爪になっている人はとても多く、今や一般的な症状と言えます。痛みがない人から、ひどい痛みがある人まで症状はさまざまです。巻き爪になる原因として、合わない靴を履いていて爪に無理な力が加わっていることが挙げられます。また、巻き爪になっている人のほとんどが深爪をしています。東京にも巻き爪で悩んでいる人はたくさんいます。東京で巻き爪を見てくれる皮膚科を探してみるのも良いでしょう。

巻き爪を予防するためには自分に合う靴を履くことが大切です。つま先に少し余裕があり、かかとはぴったりな靴が理想です。また、深爪をしないことも重要です。爪の切り方は、四角くなるように切り、爪の端の部分は深く切らずに少しなだらかに整える程度にしておきましょう。また爪の白い部分が数ミリ残っているように切ると良いでしょう。巻き爪の症状が軽い場合は、コットンを米粒ほど小さく丸めて、お風呂上がりなど爪が少し柔らかくなっているときに爪の端の皮膚に食い込んでいる部分にコットンを入れると良いでしょう。痛みが和らぎ、爪がまっすぐ伸びるのを助けてくれます。痛みがひどい場合には皮膚科に行くことをお勧めします。東京にも巻き爪を見てくれる皮膚科はたくさんあります。まずは東京にどのような皮膚科があるのか調べてみると良いと思います。