増加傾向の高齢者の受診|天神皮ふ科で美肌に生まれ変れる|悩みからの解放
女性

天神皮ふ科で美肌に生まれ変れる|悩みからの解放

増加傾向の高齢者の受診

医者

高齢者に多い皮膚疾患

皮膚科は、皮膚に関するさまざまな疾患に対して治療を行っています。最近では高齢化の影響もあり、皮膚科を受診する高齢者の人も増えてきました。高齢者の人にはその年齢ならではの発症しやすい疾患があるため、放置せずに診てもらわなければいけません。京都にある皮膚科でも高齢者の受診率は高く、痒みやかぶれを訴えてくる症状が目立ちます。痒みを伴う症状では老人性皮膚そう痒症があり、これは皮膚が乾燥してしまって起きる症状です。乾燥しやすい季節に起きやすくなりますが、高齢になるほど皮膚からの分泌液が減り、皮膚が乾燥しやすくなります。他にも接触皮膚炎があり、これは皮膚のアレルギー症状やかぶれなどにより腫れたりする症状です。特に大人用の紙おむつで皮膚がかぶれてしまう高齢者が多いので、気を付けなければいけません。京都では高齢者に対する診察も丁寧に行ってくれるので、分かりやすい説明と早急な治療で不快な症状を治してくれます。

治療の仕方

高齢者の皮膚は潤いが若い頃と比べて激減してくるため、何かと皮膚トラブルを起こしやすい特徴があります。乾燥した皮膚は痒みや湿疹ができやすい状態となるので、常に保湿を行っていく必要があります。また、免疫力の低下も高齢で目立つようになってきます。免疫力が低下してしまうと、菌が増殖してしまう可能性が高まるので、そこから皮膚疾患を起こす原因にもなります。京都の皮膚科ではこのような皮膚疾患に対して、主に飲み薬や塗り薬にて治療が行われます。気になる痒みをなくしたり、かぶれた患部の炎症を潤いで鎮めていってくれます。定期的に通院する場合も多いので、状態の経過を診ながらアドバイスしてくれるため安心できます。京都の皮膚科は、周辺がバスや駅などの交通機関が整った地区であるところがほとんどなので、通院もしやすいメリットがあります。